アイリスオーヤマと設備投資の支払い

LED照明の電灯アイリスオーヤマが販売している商品はたくさんありますが、最近注目されているのがLED照明です。電力消費を削減する手段としてLED照明が活用されるようになりました。
ただ、それ以上に注目されているのが生産性向上設備投資促進税制の導入です。この税制は経済産業省から出たものですが、電力を一定量削減することができれば、優遇税制の対象となるのです。
もちろん、電気代の支払いを削減することができますから、会社や工場の設備投資としても有効です。
この税制はアイリスオーヤマの製品だけを対象としているわけではありませんから、他社のLED照明でも適用されます。重要なことは、生産性を向上させるための設備投資でなければならないことです。
設備投資の前後で1%以上の削減が見込めなければなりません。1%を確保できるかどうかは導入する設備の性能で決まります。
蛍光灯をLED照明に変えて、どれだけの電気代の支払額が抑えられるかは計算すればわかるのです。大きな効果が期待できるのは広い工場です。
これまでは蛍光灯が主流でしたが、これからはLED照明の導入が進むことでしょう。もちろん、経済産業省はそれを後押しするために優遇税制を導入しています。
電気代の支払い額が1%削減されたとして、設備導入の費用を回収するためにどれくらいの期間が必要かを計算することは簡単です。
LED照明だけではなく、その他の装置も対象となっていますから、関心のある企業は情報収集を怠らないようにしなければなりません。工場の無駄を省くことによって、日本全体が活性化されます。
設備投資をするだけですから、どこの企業でも計画だけで済みます。特別な技術が必要なわけではありません。