投資家の株取引違反でトップになりやすい取引とは?

投資家が株取引する場合、公正な取引を行うために取引方法による規則があります。それらの規則は法律で定められているため、規則違反をすると懲役や罰金など重い罰則や処分が課せられます。
取引方法の規制には空売り規制、インサイダー取引、相場操縦行為、風説の流布、借名取引などがあります。
その中で新聞の経済面のトップ記事になりやすいのがインサイダー取引です。
インサイダー取引とは上場会社等の役職員などの会社関係者が株価に影響を及ぼす重要事項を知っていて、一般に公開される前に、株式を売買することです。
例えば、取締役会で上場企業のA社を買収する事項が決定したとします。公表すれば、A社の株価が上がることは確実なので、それを知った社員は公表前にA社の株式を買い、公表後にA社の株価が上昇したところで、売ることで利益を出します。
取引に使う契約書このように、一般の投資家より先に情報を入手して、情報公開前に取引をおこなうと、公正な取引に違反するのでインサイダー取引になります。
インサイダー取引はその会社の社員だけでなく、未公開の情報を入手した投資家が取引しても、インサイダー取引の対象となります。
インサイダー取引を行うと、5年以下の懲役もしくは500万円以下の罰金、または両方が課せられます。また、インサイダー取引によって得た利益は没収されます。
インサイダー取引の規制は厳しく、キャッシュフローの改善のため上場会社が保有する他社の株式を売却した後に、その会社の株価が下落する情報が公開されると、インサイダー取引の疑いを持たれます。
対策としては大量の株式を売却する際には、その会社に株式売却する意向を伝え、今後、数ヶ月の間に株価が下落する情報が公開されないか確認します。